台東区 パート看護師

老健や老人ホームはどのような医療行為がありますか?介護系の職場は全くの未経験で不安です・・・。

今の時代でも、相変わらず看護師不足が問題となっています。
でも、病院やクリニック以上に、老健や老人ホームのような介護施設では、常に看護師不足に悩んでいる状態です。

 

老健などの介護施設というのは、介護が中心の職場ですから、高度な医療行為を必要としていません。
老人ホームと言ってもいろいろな施設がありますから、施設によって看護師の業務内容も異なります。
しかし、老人ホームというのは、治療を目的としている場ではなく、利用者の方が生活している場ですから、
どの施設でも医療行為にあたる業務は少ないです。
老人ホームの中でも、ドクターが常勤していて、看護師が24時間勤務している事から、老健は最も医療行為が多い施設だと思います。

 

実際に行っている、老健での看護師の主な仕事は、バイタル測定、利用者の方の全身状態の観察、入浴の可否、
その他には簡単なキズの処置です。
利用者の方の状態によっては、経管栄養の管理や痰の吸引、それに、糖尿病の方には、インスリンの投与も行っています。
介護施設での看護師の仕事の中でも、内服管理はとても重要な仕事になっています。

 

老健ではドクターが常勤していますが、24時間常勤しているわけではありませんから、看護師の観察や報告がとても重要になるんです。
それに、老健のような介護施設は、医療設備が整っていないので、病院に搬送するケースも沢山あります。
そのような場合にも、看護師の対応がとても重要になってきます。

 

介護施設では、基本的な医療行為が主なんですが、急変が起きた際には、的確な対応が求められます。
ある程度の看護師としての経験があるのであれば、介護施設での仕事が未経験でも、安心して働く事ができると思います。

保育園での健康管理って主にどんな事をするの?

保育園での看護師の仕事は、園児の健康管理をする事なんですが、その為には、
毎日の健康状態を把握する事がとても大切です。
健康な時の状態と、異常がある時の状態、この両方を把握していないと、早期に気がつく事は難しいんです。

 

保育園に子供を預けているお母さんは、皆さん仕事をしているので、少しくらい風邪をひいていても、
子供を連れてきます。
でも、あまりにも体調が悪い時には、保育園で看病するわけにはいきませんから、
お母さんに連絡してお迎えに来てもらいます。
子育ての経験がある方であれば良くわかると思うんですが、一番多いのは発熱です。
小さな子供はすぐに熱を出すんですよね。
そのような場合にも、熱性痙攣など、園児の既往歴や持病がないかどうか、把握しておく事は必須です。

 

子供というのは、体調が悪くても、上手く訴える事が出来なかったりします。
だから、看護師が気付いてあげなくてはいけないんです。
園児の顔色や表情、遊んでいる時の様子など、いつもとかわりないかどうか、常に観察をしています。
それに、身長や体重などの測定も、子供が健康に発育できているかどうかの判断材料になります。

 

特に気をつけているのが、感染対策です。
インフルエンザやノロウイルスなどの感染性の病気が発生した時には、蔓延するのを防ぐ為に、
手洗いやうがいなどをするように指導しています。
それに、水疱瘡やおたふくなどが流行してきた時は、保育園便りを出して、注意してもらうように保護者の方に伝えています。
自分もママさんナースなので良くわかるんですが、お母さんが安心して働く為にも、子供には健康でいてほしいものです。
毎日の観察をしっかりと行って、園児の健康管理をするように頑張っています。看護師派遣のつれづれ日記