台東区 パート看護師

循環器病棟はこんなところ

循環器病棟というのは、狭心症や心筋梗塞、不整脈など、心臓系疾患の患者さんが入院しているところです。
心臓系の疾患というのは、命に直結する症状や治療が多く、とてもシビアな職場です。

 

急変や緊急手術は、毎日当たり前のように何件もありますし、一日中スタフがバタバタと走り回っているような環境です。
循環器病棟で一番大切で、そして基本となるのは、心電図を読む事なんです。
さらに、心臓の成り立ちや解剖学などについての知識を充分に習得している事も大切になります。

 

心電図を正確に読む事によって、異常や急変などを早期発見する事ができますし、患者さんの状態を把握する事ができます。
私は、大学病院の循環器病棟で働いていますが、働き始めの頃は、心電図を正確に読む事ができずに、
常に、先輩看護師http://www.recursosmarinos.netと一緒にチェックしていました。
心電図を正確に読む事ができるようになるまでには時間がかかりましたが、現在では、
患者さんの状態が詳しくわかるようになったので、仕事にやり甲斐もでてきました。

 

循環器病棟は、急性期でハードな職場なので、働いているスタッフは、常にピリピリしていてキツい方が多いのも特徴です。
重症度が高い患者さんばかりなので、のんびりと構えてはいられませんから、自然と強くなってしまうようです。

 

看護師の中には、ハードな職場について行く事ができずに、辞めてしまう方もいます。
私も、仕事に慣れるまでには何度も挫折を考えましたし、大変でした。
しかし、続けてきてよかったと思っています。
頑張って仕事に慣れてきたお陰で、今ではやり甲斐を感じて、辛い事があっても、同期の看護師と助け合いながら働いています。

 

循環器病棟はハードですが、とてもやり甲斐のある職場ですよ。